本文へ移動

工事状況・現場日記

現在工事中の現場をご紹介いたします!!
適時UPしていきたいと思いますので、是非ご覧になってください!!!
1-3-4号 阪本工区(仮称)新阪本橋A2橋台工事
第1-3-5号 阪本トンネル南坑口法面工事
五條市造成
北曽木
1-3-1 阪本工区(仮称)阪本トンネル南坑口鋼製桟道工事

1-3-4号 阪本工区(仮称)新阪本橋A2橋台工事

地域高規格道路「阪本工区」における仮称新阪本橋のA2橋台を新築し、地域住民の皆様に快適かつ安全な道路交通網を提供する事を目的とした工事です。

第1-3-5号 阪本工区(仮称)阪本トンネル南坑口法面工事

地域高規格道路「阪本工区」における(仮称)阪本トンネルの南坑口上部の法面をグラウンドアンカー工や岩盤接着工により安定化させ、交通利便性・安全性を大幅に向上することを目的とした工事です。

五條市新庁舎(国・県・市集約型)建設造成工事

五條市の新庁舎を建築する為の造成工事を行っています。1工区、2工区とあり、1工区は檜尾建設、2工区は檜尾・畠山・大池JVにて施工しています。

五條市西吉野町北曽木 道路災害復旧工事

平成29年10月に発生した台風21号・22号により被災した道路及び地すべり対策工事の一環として、施工を行っています。

1-3-1 阪本工区(仮称)阪本トンネル南坑口鋼製桟道工事

一般国道168号線の地域高規格道路化における、「阪本工区」の工事の一環として、鋼製桟道を施すことで小代地区及び野迫川村へのアクセスを確保する事を目的とした工事です。

現場日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

工事進捗状況報告①

2018-02-21
大畑瀞
H28 1-3-2
繰1-3-捕-2
現在檜尾建設が施工中の各現場の進捗状況について
数回に分けて報告します。
 
①第71-7-2号 大畑瀞 山腹工事
吉野郡十津川村永井地内で施工している、大規模掘削及びプレストネット工法による
法面保護を主工種とした工事で、進捗は95%を超えいよいよラストスパートモードです。
先行工事の工程に大きく影響を受ける工事であった為、実質工期は非常に短くなりましたが、
多種多様な工夫を実施する事で完成までこぎつけました。
 
②平成28年度 第1-3-2号(仮称)阪本トンネル北坑口迂回桟橋工事
五條市大塔町阪本地内で施工している、国道168号線阪本工区の橋梁及びトンネル工事を
行う為の迂回道路を設置する工事で、度重なる設計変更、構造検討等により工事着手が
大幅に遅れる事を余儀なくされましたが、なんとか着手でき現在仮桟橋の施工を行っています。
ノバルメックス工法という特殊な工法を用いて水中削孔を行っています。
現在進捗率は30%を超え、いよいよペースに乗ってきました。
 
③第繰1-3-捕-2号(仮称)阪本トンネル南坑口道路拡幅工事
五條市大塔町小代地内で施工している、国道168号線阪本工区の南坑口部のアプローチ部の
道路拡幅を行っています。工事は順調に進んでおり、いよいよロードプラスという
プレキャスト部材を用いた道路拡幅工にとりかかります。現在進捗率は70%を超え、
3月末の竣工検査にむけてこちらもラストスパートです。

いよいよ佳境!!!

2016-09-08
1-2-橋-2①
1-2-橋-2②
辻堂バイパス 堂平1工区の橋梁下部工事がいよいよ佳境になってきました。
檜尾・高崎JVとして施工しているのは堂平大橋のP3、P4、P5橋脚で
すでにP3およびP4橋脚に関しては引き渡しを完了しており、残すは
P5橋脚とP4~P5間の土留擁壁工のみとなってきました。
非常に急峻な地形に施工を行う工事であり、ハイピアー構造であることから
高い技術を求められる工事ですが、無事故・無災害で工事竣工に向けて
まい進しております!!!
 
美しく、高精度の橋脚完成に向けていよいよ佳境!!!

現場紹介

2014-10-21
23災458-4号
23災458-11号
あまりの忙しさの為、当ホームページの更新が気が付けば約5か月するのを怠っていました(汗)
情報発信にはホームページやブログ形式の当日記等、非常に大切なツールである為、今後もしっかり定期的に更新していきたいと思います。
 
さて、今回は檜尾建設が現在受注している工事の進捗状態についてお知らせします。
 
①23災458-4号 熊野川 河川災害復旧事業(檜尾・高崎JV)
工事が順調に推移しており、完成間近だったのですが、台風18号の河川水位上昇により、完成していた護岸工が半壊、現在対応策がほぼ決まり、工期も来年2月末まで延伸してしまいました。
ただ、その後の施工進捗は順調であり、早期完成に向けて鋭意努力しているところです。
 
②23災458-10号・23災464-4号 熊野川 他 河川災害復旧事業護岸工と大規模掘削工が主要工種の工事ですが、現在99%完成し竣工検査に向けて現場精度及び景観性を向上しているところです。
11月に竣工検査予定。
 
③1-2-改-2号 地域連携推進事業(国道改築)
多数アンカー式補強土壁工が主要工種である本工事は、現在掘削作業を行っているところです。掘削の8割程度は完成し、1部箇所を除いて近々段差基礎コンクリートの施工に取り掛かる予定です。
 
④23災458-11号 熊野川 河川災害復旧事業(檜尾・高崎JV)
大規模盛土及び掘削工は完成に近づいており、大型ブロック積工による長大護岸工の施工が11月中旬から予定しています。設計変更が相当数発生していますが、進捗自体は順調に推移しています。
 
⑤23災458-13号 熊野川 河川災害復旧事業(檜尾・高崎JV)
23災458-4号、及び11号と併設して作業を行う工事であり、宇井地区の災害復旧工事としては大トリの工事です。
その為、多種多様な工種が含まれていますが、設計上の問題が多数発生しており、現在設計照査を報告、返答待ちの状態です。
 
⑥1-2-橋-2号 地域連携推進事業(国道改築)(檜尾・高崎JV)
辻堂バイパス堂平大橋のP3、P4、P5橋脚及び土留擁壁工を施工する工事です。現在は設計照査中で、国道168号線の通行が再開された後に測量等の準備にとりかかる予定です。
 
現場紹介の第一弾としては檜尾建設が単独、及びJV代表者となって行っている現場を紹介しました。
 
また、今年導入したマルチコプターによりフルハイビジョンにて撮影された航空写真を当ページにアップしています。
各現場を随時撮影していきたいと思いますので、ぜひ閲覧してください。

過酷な条件の中、作業が進む!

2014-02-10
川原樋川根固め部
川原樋川根固め部
川原樋川根固め部
川原樋川取水堰堤災害復旧他補修工事の取水堰堤根固め工の施工が進んでいます。
近年の異常気象により、例年では考えられないような出水があり、現場にたどり着く
だけでも困難な現場ですが、その中においても大型重機や最先端のツールの使用により
確実かつ高精度に施工を進めています。
1日でも早い完成を目指し、安全第一で施工を行っています。

a little bit more・・・

2013-11-29
清水護岸進捗11月
五條市大塔町清水地区における、高野辻堂線 熊野川 道路災害
復旧事業・河川災害復旧事業がいよいよ佳境に入ってきました。
ブロック張工は概ね完成し、上部盛土と舗装工等の付帯工をこの
後実施していきます。
12月の竣工検査に向けて、鋭意施工中です。
近隣住民の皆様には工事の騒音等にて多大なるご迷惑をおかけし
ておりますが、災害復旧による大塔町再生の一環として、是非と
もご理解の程よろしくお願いします。

▼お気軽にお問い合わせください

檜尾建設株式会社
〒637-0405
奈良県五條市大塔町宇井99番地
TEL:0747-36-0041
FAX:0747-36-0361
■土木工事業
土木建設および工事測量、
設計施工の請負
奈良県知事許可(特-29)第5860号
TOPへ戻る